西武ライオンズ、来年は辻発彦新監督へ?



西武ライオンズの監督人事が騒がしくなってきやがった
3年連続Bクラスという結果に終わった田辺徳雄現監督が辞意を示し、後任監督を選任する必要が生じた
潮崎哲也現ヘッドコーチ兼投手コーチの内部昇格が濃厚と思われていたが・・・
ここで意外な名前が挙がった
ライオンズOBの辻発彦中日ドラゴンズ一軍作戦兼守備コーチの名前が突然出たので軽い驚きとときめきを得た
ラブストーリーは突然に・・・


だがこの人選は悪くないと思う
チームの成績はすべて監督1人の責任とは言えないが田辺監督は3シーズン(実質2シーズンと半分)続けて一度もAクラスになれなかったのは事実であり、これ以上続けても頭打ちの感はあった


内野手が二代続くことになるが、辻選手は現役時代は田辺選手の先輩格として同じ二遊間を守っていた間柄であり、田辺選手を厳しくリードしていた「上位互換」である
今更語るまでもないが、NPB屈指の名セカンドと称されるほどの最高の守備力、そして堅実な打撃に機動力と全て持ち合わせていた総合力溢れる選手だったのだ
当然、田辺監督以上に視野(打撃だけでなく守備・走塁に至るまで)が広い上に、野村ID野球を経験して見識も深く、「引き出し」も多いわけであり、いろいろな意味で田辺監督を上回る指導力を期待できるだろう


個人的には現役時代の守備・走塁や簡単に三振をしない堅実な打撃も印象的な上に、ファミコンソフトの「ファミリースタジアム(ファミスタ)」でライオンズを使うと、「つち」というキャラクター名でいつも1番を打ち、俊足が非常に印象的でありある意味「ライオネルズ」で一番目立っていた選手のようにも感じていた


そして渡辺久信監督以降とにかく大雑把なイケイケ野球になりがちだったライオンズに、中日ドラゴンズで培った堅実な守備と投手力による接戦に強いチームの勝ち方を伝授してもらいたいものである
今年優勝した日本ハムと中日はチーム体質やプレイスタイルが似ている
本拠地も共に広く、長打頼みのライオンズと違って高い守備力が重視されていた両球団である


とにかくライオンズに必要なのは手堅い攻撃・堅実な守備、僅差リードを守り切れる中継ぎ・抑えである
投手力の部分までは辻監督に求めるのは酷だが、せめて野手の総合的なレベルアップ及び意識改革をしてくれる監督ではないかと思えるのだ


辻選手自体現役時代は1番で相手に10球以上の球数を投げさせ相手投手のスタミナを削るだけでなく、全ての球種を投げさせてベンチに戻ってそれを皆に伝えるという「仕事」に徹していたのである
近年のライオンズはとにかく粘れって相手に球数を多く投げさせることができる選手が少ない
同じ「1番セカンド」を務めて今はジャイアンツにいる片岡易之選手の早打ちなどは得に対照的だった


清原和博選手が現役時代辻選手によく説教を食らっていたと話していた
そして打撃ばかりに目がいく清原選手に「お前、守備ってもんは好きにならなきゃ上手くならないんだぞ?」と諭し守備に真剣に取り組むようになった清原選手に感謝されもしている
清原選手は辻選手のグラブの管理などもプロ意識の高さを感じていて常々敬意を抱いていると語っていた


思えば1987年の日本シリーズ最終戦の9回裏2アウトで清原選手がドラフト時のことを思い出して涙が止まらなくなってしまった時に、清原選手の肩に手を置いて声をかけてあげていたのも辻選手だった
本当に良い兄貴分体質なんだろう


辻選手はヤクルトに移籍後も稲葉篤紀選手に打撃を、宮本慎也選手に守備を助言して両選手の成長に貢献もしている
つまり、「若手を育てることができる」監督なのである


西武ライオンズの黄金時代と、野村ID野球を現役時代に体感し、コーチになってからは常にAクラス、それもほとんどが2位以上という高順位の中日ドラゴンズの野球も経験している
ライオンズ在籍時は1984年から1995年であり黄金時代をほぼ丸々体感してきた黄金時代の申し子とも言える
秋山幸二前ホークス監督の名前も挙がっていたが秋山監督以上に魅力的かもしれない


長い事ライオンズとは疎遠になっていたと思われがちだが球団イベントにはしばしば顔を出してくれていた
2005年のファン感謝デーのOB戦にもセカンドで出場していたのをよく覚えている
一番最近では2012年の交流戦で「OB夢の一打席対決」をやっていた頃にヤクルトのOB代表としてやって来た川崎憲次郎と一打席対決をしたり、2人でトークショーを開催したりしていた
そのトークショーも聞いていたが、川崎選手に対してもやっぱり先輩的な目線・口調で接していてとことん兄貴分体質なんだなぁと感じたものである


ただ、投手力の底上げは急務であり、辻監督が誕生するにしても有力な投手コーチの招致は不可欠だろう
できれば東尾修コーチや鹿取義隆コーチクラスの大物が呼べれば理想だがさすがに難しいか
ちなみに中日で共に闘ってきたライオンズOBの森繁和コーチはドラゴンズの次期監督が濃厚である
森コーチもドラゴンズも辻コーチのライオンズ出戻りは歓迎しているらしい


来年は9年ぶりの優勝が強く求められるライオンズ
辻新監督は凋落しきってしまったライオンズを再び「百獣の王」に戻す事ができるだろうか?
これを機に縁起の悪いレジェンドブルーから常勝色のライオンズブルーに戻してはどうだろうか?
レジェンドブルーになってから一度も優勝していないしライオンズにとって悪い事ばかり続いている
今日中村剛也選手の2008年の姿をたまたま見ていたがやはり明るいライオンズブルーは映えるし強そうだ
色なんて関係ないと思われがちだが「視覚効果」って大事だと思うし他球団はあの「青」に畏怖したのだから
野球ブログ 埼玉西武ライオンズ
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 西武ライオンズへ
西武ライオンズ







この記事へのトラックバック