鎖国主義お手軽安上がりコーチ人事の問題点



悪夢の浅村FA宣言に続いて悪夢のコーチングスタッフの発表があった・・・
「最悪なコーチ人事」の更新で触れたとおりの最悪な組閣となった
基本的に重視しているのは投手コーチだがその投手コーチに全く「テコ入れ」がなかった
新しく小野和義がベンチ担当になっただけ
小野和義の時代錯誤な熱血ど根性指導が全く育成力がないのはわかっていることながらブルペン担当の西口コーチまでそのままとは最悪だ
明かにブルペン向きじゃないし今年ヒース・マーティン・小川の獲得がなければ中継ぎ陣は崩壊していた事実を球団は理解していないのか?


今年リーグワーストの防御率に終わったことで責任は追及しなきゃいけない
それとどこも触れていないが2軍の投手陣も「投手崩壊」状態だったことを軽視してはいけない
防御率も下から2番目の4.06という悪さだったし与四球数は防御率ワースト(4.27)だったロッテの385より100近く多い驚異の473だ!
この数字はウエスタンリーグを含めた12球団ワーストの数字である
逆に奪三振率はイースタンリーグでダントツに少ない782である
三振は取れないくせに与四球率は高いという最悪な投手の集合体が現状のライオンズ2軍投手陣である


投手力はなんだかんだで奪三振率がモノを言うのはホークス投手陣を見ていてもよくわかるだろう
あそこは150キロ以上投げられて身長が高くて奪三振率が高い投手という明確なポイントを持って投手補強・育成をしている
このオフのドラフトもその趣旨にモロに沿った指名だった
あれくらい徹底した方が投手力強化は早い
ライオンズ投手陣はそれとは真逆で150キロ出ない投手ばかりで背も低いし奪三振率も低い投手ばかりだ
しかも2軍レベルでロクに三振が取れないのは相当厳しい


その2軍の指導に当たっていたコーチは2人共責任を問われることなく残留した
このオフに期待の素材を育成投手含めあれだけ獲ったのに本当に大丈夫かと言いたい
さらに育成が難しい高身長投手という点でドラフト2位の渡邊投手と育成ドラフト2位大窪投手が入った
さらに深刻な伸び悩みの高橋光成投手を含め190㎝以上の投手が3人になる
この投手コーチ陣の面子で指導できるのか不安しかない
というより「絶望感」しかないし既に在籍している2軍投手の中で来年1軍ローテに入れる期待がある投手の名前が挙がるファンは少ないだろう


巡回投手コーチに清川栄治コーチが入った
この方はまだこの面子の中じゃ「マシ」な部類ではあるが・・・
そもそも1軍も2軍もメインの投手コーチが元左腕でこの清川コーチも元左腕だ
なぜこれだけ左に偏ったコーチ組閣をしてしまったんだろうか?
菊池も抜け左腕なんて主力ではほとんどいない状況であり右腕を育てられる投手がほしい時に「左傾化」した組閣をしてしまった
アホなのかと問いたい


元左腕でも育成力があるなら良い
だが小野は言うまでもなくサンフレッチェ杉山も楽天コーチ時代含めてやはり育成力はさっぱり期待できない
清川コーチはまだ両者ん比べればマシな部類だがそれでも大した信頼度はない
これならまだ杉本正コーチを復帰させた方が良かったんじゃないだろうか
この球団が大好きな「球団OB」の人材だ
今更言っても仕方ないが・・・


そういえばこれだけ「球団OB」にこだわるライオンズの中にあってなぜかこの清川コーチだけは「完全外様」だ
現役時代ライオンズには一度たりとも在籍していない
第二次伊原春樹監督誕生時に連れてこられたコーチだがこの時は他にも「完全外様」な袴田英利コーチを招へいしている
新監督就任時は外様でも自由に呼べる権限を与えられているんだろうか?
辻監督就任時も「完全外様」の馬場コーチを呼べているし伊東監督就任時も「完全外様」な荒木大輔を呼べた
辻監督は投手陣がここまで酷い惨状なのになぜ優秀な外様コーチの招へいを球団に求めなかったんだろうか?


完全に「お友達内閣」的な組閣となった2019年の見通しは暗い
吉井理人西本聖のような外部の大物を呼ばないのはもちろん豊田清鹿取義隆東尾修など「有力球団OB」すら呼べず
「内部人事」なら横田久則やコーチ経験はないが渡辺智男などもいたはずだがそれら人材もコーチに戻せず
これほど期待感ゼロな組閣も珍しい
金がないロッテだって吉井理人を招へいできているというのに
かつては西本聖だって招へいした


小野コーチは課題を問われ「明確に課題が出たのは、フォアボールの数。そこさえクリアできれば、おのずと成績は上がる」と答えたそうで
さらに「無駄な四球を避けるのが一番。技術を上げるためには、やはり投げなきゃ変えられない。この秋は、投げるのがテーマになる。量は多くなります。ブルペン。遠投。ただし、いつも全力で投げるのではなく、いいフォームで投げることで、いい癖がつくと考えています。キャッチボールからバランスを考えて、いいフォームで投げ、ブルペンでリリースポイントを考える。意識を変えることも大事になっていくと思います」とも答えている
結局基本は「投げる量」だけの相変わらずな根性論指導なのかと


この小野コーチの元で2009年は両リーグダントツの550四球を出して投手崩壊した
そのコーチがフォアボールの数が課題だということでそれをクリアさせると言っているわけで当時と今は違うと言っても不安しかない
しかも2011年にコーチ職から退いてからは何の経験も積んでいないから「まるで成長していない・・・」という安西先生状態の可能性がある
ウインターリーグに同行しているがそこに派遣された投手が全く成長してないのもこのコーチの育成力のなさを物語る
結局「オーストラリア旅行」を楽しんでただけなんじゃないかと
しかも右投手の育成が課題って時に元左腕じゃね・・・


とにかく外部の血はどうしても入れたくないようだ
気心が知れた無能で扱いやすい人間だけでワイワイ楽しく「コーチごっこ」を楽しみたいいうナベQGMの思惑なのか
さすが前回優勝時にたった1年で黒江参謀を退団させただけのことはある
めんどくさい人間はとにかく排除したいということなんだろう
イエスマンだけで固めてしまえば確かに気楽だ
だがそれで強くなるというのか?


時代錯誤な鎖国主義をここまで徹底しているのはライオンズしかいない
この無意味に石頭な発想はどこから来るんだろうか?
金がないというだけではないだろう
そもそもコーチに金をケチること自体が間違いの元なんだ
コーチこそ金をかければ1人分の人件費で何人もの優秀な選手を輩出してくれるのに
本気でチームを強くする気があったらこんな組閣をするとは思えない


「球団OB」にこだわるならなぜ豊田清和田ベンも呼べないのか
豊田の場合はFA移籍の際にジャイアンツに終身雇用みたいな契約がある可能性もある
江藤なんかもそうらしいし一生ジャイアンツに囲われてしまっているのかもしれない
そうでなくてもあの球団のコーチ待遇は現役選手並みのようでライオンズは条件面でも不利は否めない
だが和田ベンまでそんな契約を結んでいるとは思えない
そもそもベンちゃんは引退後どこのコーチもしていないしずっと解説者稼業だ


1軍の打撃コーチが赤田コーチと阿部コーチというのは何のギャグなのか?
どっちも現役時代は守備の人だった2人が打撃コーチという構図だ
そんな2人が中村選手や栗山選手や秋山選手に指導するという構図はまさに“コント”だ
どんだけ安上がりで扱いやすいお手軽人材起用なんだと
ここに和田ベンが打撃コーチで入ればまた違ってくるだろうに
だたライオンズが今欲しいのは優秀な打撃コーチより優秀な投手コーチなんだけどね


「終身契約」が事実なら片岡ももうジャイアンツに一生囲われて二度とライオンズに戻ることはないのかもしれない
昨年ライオンズを裏切った野上やこのオフにジャイアンツに移籍するナカジもそうだ
あの球団も余計な契約をしてくれたもんである


せっかく10年ぶりに優勝したってのに終わりがあまりにグダグダすぎて喜びが消え失せかけている
これで浅村が流出になったら・・・しかも移籍先がホークスだったらもう優勝の喜びなんて完全に消えちまう
たった1年優勝しただけでその後何年も低迷する流れを見せられる方がよっぽど嫌なもんだ
「育てて勝つ」チームを自負するライオンズがコーチ組閣をここまで軽視するのはあまりに矛盾している
黄金時代は外部から優秀なコーチを招へいしまくっていたしそもそも監督の広岡・森自体外部の人間だっただろう
あの頃の発想と「開国主義」はどこへ消えちまったんだ?


ライオンズの「文明開化」はいつになるんだろうか?
明治時代の日本の様に外部の血を入れることで「変化」があるはずだ
その「変化」を頑なに拒む幕末の江戸幕府みたいな球団になりつつある
ここまで頭が固いのはなぜなのか
FA権を取得した主力は垂れ流し続けコーチ人事は内部の移動で済ませる体質のままじゃいつまでたっても強くなれやしない
最低の投手力なんだから最高の投手コーチを招へいしようと考えるのが自然じゃないんだろうか?


とにかくこの新組閣は問題が多すぎる
内部異動でお茶を濁しただけのドケチ渋ちんお友達組閣なだけでなく「元左腕」コーチにあまりに偏りすぎている
元右腕の2人がどちらも弱すぎるしそもそも結果を残せていない西口コーチや2軍コーチの2人がそのまま残るのも大いに問題がある
来年開幕して投手陣がダメだったらすぐにでもコーチを切り替えるべきだ
伊原監督をすぐに切った時の様に
だらだら1年2年と引っ張ったらライオンズはまたBクラス地獄に堕ちてしまうだろう



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村